ニキビを治す方法

ニキビを治す方法

悩みが多いニキビについて、ニキビを治す方法やニキビの場所、ニキビ 芯、白ニキビなどについてチェックしてみました。

スポンサード リンク




<プライバシーポリシー>

ニキビ 原因

ニキビができる時は、その出来るわけが絶対あります。
ですからこれをを理解しておくことが、予防するためには必要です


これはだれにでもある肌トラブルですよね
特に若い頃は、一度くらいは悩まされたのではないかと思います
治すためには、ニキビについて知っておくことも必要ですね。

ニキビ 位置

ニキビが出来やすく、そして気になる場所は、下に書いてあるような所ではないでしょうか

顎(あご)ニキビ


ニキビの中でも顔にできるのって特に嫌ですよね。

頬より下の部分ばかりできるとか、アゴのあたりの肌荒れが多い人は
肌が乾燥しているか、体の新陳代謝が原因となっていることが多いです


赤ニキビや、黄ニキビが多い人は、生活習慣が原因になっていることが多いです
アゴの肌荒れの原因は、頬杖をつくことが原因になってる事が多いです
髪の先がいつもアゴ周辺にツンツンと刺激して肌トラブルの原因になってることもあります


スキンケアをしていても、肌荒れや、ニキビがでる人は
皮脂が原因というだけでなく
このような事も原因なっていますから、チェックしてみましょうね


  

背中 ニキビ


背中は皮脂線が多くて、顔の次に多い部分なのです
ですから皮脂の分泌が他の部分より多いので出来やすいといえます



背中は見つけにくいし、小さいニキビが、たくさん広範囲にあることが多いです

  

胸のニキビ


胸の開いた素敵なお洋服を着た際に、ポツポツではちょっとガッカリですよね
ケアの方法は背中と同じです
胸に出来てしまった場合は、かいた汗や、衣類の刺激でさらに悪化します。



朝のシャワーできれいに落としてから出勤しましょう
木綿など、吸湿性がよく、肌触りのよい素材で出来た洋服がお勧めです。
それからすでに出来てしまった時は、
基本、こすったり、さわったりしないということが大切です。


 

ニキビ 芯




ニキビの芯とは


あなたはニキビの芯というのはご存じだったでしょうか
見たことありますか?

その芯ですけど、その名の通り「棒のような形」なのです
この芯はいったいどういう物かですよね
ニキビというのは、皮脂や角質が毛穴に詰まった物を、アクネ菌と呼ばれる細菌が繁殖している状態なのです。


こんなふうに皮脂や角質が毛穴に詰まって棒のようになっているのを「ニキビの芯」と呼ばれいます
別の呼び方として、「コメド」と言われる時もあります


紫外線で炎症がひどくなります
このコメドがニキビや肌のトラブルの原因となっているのです。


  

ニキビの芯を出す


出来たばかりとか、最初のころに限定されますが、
上手にニキビの芯だけ出すことが出来たのなら、つぶした方が跡にならずに治せることがあります


但しこれは、初期の段階に限定のケア方法ですから注意して下さいね



芯を出す方法
・注意すること
 手を清潔にすること、洗顔も洗顔して皮膚を清潔しておきましょう
 芯を押すときは、爪を使わないこと(爪にばい菌がいる事が多いです)


・芯の出し方
やるときのタイミングは、お風呂上がりなどで肌が柔らかくなっていて、清潔な時がオススメです
芯だしは綿棒を使って挟むようにしてやさしくニキビを押し出します
(無理に強く押して傷口を広げないようにしましょうね)


うまくいかない時は専用の器具があります
毛穴からニキビの芯を出すための道具、面皰圧子(めんぼうあっし)というものです
毛穴のよごれを上手に出すことが出来るので、スキンケアに使う方も多い便利なものです


・面皰圧子を使った、ニキビつぶし


1)面貌圧子をニキビに直接、押し当てます


2)面貌圧子を芯を押し出すような感じに動かします

3)ニキビの中から白い芯が押し出されてきますからピンセットで芯をつまみとります

4)取り終わったら軟膏を塗って雑菌が入り込まないようにしましょう

肌が傷つけないように優しく扱うことがポイントです

慣れてくれば毛穴のケアも自分で簡単にできるようになりますよ

  

ニキビ 治し方

ニキビが出来るということは、できる理由が必ずあります
ですからそのメカニズムが分かれば、予防するということも出来るわけです


若いときには、気をつけていても出来てしまいます。
でもこのことを知っているか知らないかでは、雲泥の差になってしまいます


ですから
ニキビを治す方法、また予防する方法は、まずどうしてできるのかを
よく理解することが大切でなのです。


 

ニキビ 原因



きっかけというのは、毛穴の出口です。
この部分の角質が厚くなって、毛穴に皮脂が詰まってアクネ菌が増殖して
ニキビになるといわれています


ただ、アクネ菌は、皮膚にいる常在菌で、皮膚を正常な状態に保ってくれる働きもあります。

ですからその他にもニキビと大いに関係ことがあります
ホルモンバランスの乱れ、疫機能の低下があります



要するにストレスや不規則な生活、偏食、または、睡眠不足や運動不足などの生活のリズムや習慣も、大きく関係しているということです。


ですから女性ですと、生理前に、ニキビが発生したり、悪化したりする方が多いということです。

  

ニキビ 予防



ニキビケアは、肌を清潔に保つようにスキンケアも大切ですけど

・食生活をバランスよくすること
・緑黄色野菜はたくさん、食べるように意識しておくこと
・昔ながらの和食はお勧めです
・予防のために摂取したい栄養素は、ビタミンB1や、ビタミンB2、それから、ビタミンEです
・睡眠不足は、肌の免疫力を低下させます
・アーモンドなどのナッツ類も良くない
・乾燥肌になると、できやすい体になる
・便秘も大敵です、毎日お通じがきちんとあるように、食物繊維も大事です。
・必要以上に洗顔をすることは、肌にダメージを与えてしまいます
・自分で努力しても治らない場合は、皮膚科を受診しましょう。
 (特に大人のニキビの場合は、薬を飲んで治療するケースがほとんどです)


○一番大事なことは、自分の体のバランスを自分で改善して、内側からニキビケアをすることです

  

背中 ニキビ



1)背中の汗や皮脂を毎日きちんと洗い流して、皮膚を清潔に保っておくことが大切です
ただし、ナイロンタオルなどの肌を傷つけやすいもので、ごしごし洗うことはダメです


2)使用するボディソープや石鹸も注意しましょう
界面活性剤を使っているタイプは肌への刺激が強くてニキビを悪化させることがあります


3)脱脂効果が弱い固形石けんなどはオススメ、赤ちゃん向けの低刺激石鹸もオススメです

4)洗髪は背中を洗う前に済ましておきましょう
髪つけるトリートメントや、リンスなどが背中に残っているとニキビが出来やすくなります


5)刺激が少ない衣類を選んで着ることも肌ケアになります

6)長い髪の方は、背中の部分に髪があたると、皮膚に刺激を与え、背中ニキビが悪化します。

7)日焼けが多い方は、背中ニキビを作りやすいです

8)背中のニキビは、不衛生な寝具によって出来る場合もあります。

9)アーモンドなどのナッツ類も良くありませんよ、食べ過ぎない事が大事です。

背中全体に広がったり、悪化して化膿してしまったりする場合は、病院で診てもらったほうが良いです。

  

胸のニキビ


胸あたりに、出ることもあります、
女性にとっては、チャームポイントですから出てほしくはないですよね
背中の開いたドレスや、胸の開いたお洋服の時に、ポツポツと見えたらちょっとがっかりですよね。


それから水着にの時なども、恥ずかしいですよね
ですからそうならないように、日ごろから、からだのニキビケアをきちんとして行きましょうね。


背中や胸のニキビは、皮膚を清潔にすることがケアになるのですけど
・お風呂に入るたびに、ゴシゴシとこするのはダメです
・ナイロンタオルとかボディブラシで、胸の谷間をこすって洗うのは良くないです。
・背中、胸などは綿のタオルで優しく洗いましょう
・ボディソープよりも低刺激の石鹸がオススメです。
・洗った後はできやすいところには、ボディクリームなどを塗らないようにしましょう。
・お風呂で流し残したシャンプーやリンスも、肌にダメですから、先にシャンプーやリンスをして、最後に、体を優しく洗い上げ、十分に泡を落とすようにしましょう。
・出来てしまうと、汗や、衣類の刺激でさらに悪化するので、寝ている間にかいた汗は、朝のシャワーできれいに落としましょうね。
・夏場は特に、ボディシートなどを使って、汗をこまめに拭き取り清潔な状態をキープしましょう。使い捨てのボディシートが市販されているので体を拭いておくのも方法です
・汗をかいたら、まめにボディケアをすることが大切なのです。
・木綿など、吸湿性がよく肌触りのよい洋服がオススメです。


 

ニキビ跡を治す方法


ニキビが出来た後のケアは特に、ニキビ跡を残さないためにも大切です。

・クレーター
ニキビケアの失敗作として、代表的なのはボツボツとした肌でクレーターとよばれます。
こうなってしまうと、ニキビ跡をもとのきれいな肌に戻すことは無理です。
炎症によって、毛穴そのものが破壊されているので皮膚が再生できなくなっています。
ニキビ跡というのは「肌に付いてしまった傷」ともいえます。
ですから、肌のターンオーバーに頼るしか、治癒方法がないということです。


ということは、ケアは、ターンオーバーを促進させることが決め手となります。
ターンオーバーに良いものと言えば、コラーゲンやヒアルロン酸ですよね。


肌のターンオーバーを助ける美容液や、化粧品などが発売されていますので、使っている人も多いと思います。

  

ニキビにいい食べ物

くだものを食べると便秘解消にもつながって、にきびにも効果があると言われます



成分の「ビタミン」にもにきび治療に有効なことが知られています。
肌の調子を整えるのにビタミンは欠かせない成分とうのはよく知られたことだと思います。


・ビタミンCは、肌に悪影響を与える活性酸素を取り除き、肌を守ってくれる働きがあります。
・活性酸素で肌が酸化しないように防ぐことができる
・肌にいいビタミンにはビタミンCとビタミンB2とB6があります。
積極的に摂取してにきびを失くしていきましょう。
体の中のビタミンが少なくなってしまうと、皮脂が異常に分泌され、にきびが出来たり、肌も元気がなくなってしまいます。
ビタミンの摂取しやすい食品
・ビタミンCは、くだものの他にも緑黄色野菜やロースハムやめんたいこなど
・ビタミンB2は、うなぎやたまごやチーズや納豆、焼き海苔やレバーなど
・ビタミンB6を摂るためには、むね肉、かつおやまぐろやさばといった魚、バナナやきな粉やごまやピーナッツ、にんにくやとうがらしなど
みなさんもビタミンは意識して摂るようにしましょうね。


  

ニキビを治す方法 トップへ戻る